読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【児童福祉司 一貫田逸子】を無料で読む方法

漫画【児童福祉司 一貫田逸子】のあらすじと無料で読む方法を紹介

【児童福祉司 一貫田逸子 】漫画「2話目」のあらすじ

児童福祉司 一貫田逸子」は、原作・穂実あゆこさん、作画・さかたのり子さんの漫画です。

児童虐待をテーマに様々な問題に直面していく児童福祉士の漫画です。

読んでいくのさえ辛くなり、時には、目をそむけたくなるような重たい内容ですが、作品の魅力に引き付けられます。

 

児童福祉司 一貫田逸子 】あらすじ「2話目」

「かくされた子供」~虐待の通告~

f:id:muryou55manga:20170310235054j:plain

 アパートの隣の部屋から、一日中子供の泣き声が聞こえる・・・。

そう、あおば野児童相談所児童虐待の通告の電話が入った。

 

通告のあった家を訪れる一貫田逸子。

特に問題のある様子はなく、子供もすくすくと成長していた。

 

調査の結果は問題なし。このままこの件は終了するはずが、一貫田が異見を唱えた。

再度、その家を訪問することにした一貫田。やはり問題はなさそうだった。

しかし、立ち去ろうとした一貫田の脳裏にかつての同級生小夜の姿が浮かんだ。

 

この家に何かを感じる一貫田は、独断で調査を始めるが・・・。

 

>>>児童福祉司 一貫田逸子 を読む

 

【児童福祉司 一貫田逸子 】漫画「1話目」のあらすじ

児童福祉司 一貫田逸子」は、原作・穂実あゆこさん、作画・さかたのり子さんの漫画です。

児童虐待をテーマに様々な問題に直面していく児童福祉士の漫画です。読んでいくのさえ辛くなり、時には、目をそむけたくなるような重たい内容ですが、作品の魅力に引き付けられます。

児童福祉司 一貫田逸子 】あらすじ「1話目」

「小夜ちゃんのパン」~虐待のシグナル~

f:id:muryou55manga:20170310233829j:plain

 

幼いころの同級生「小夜」は親に虐待され餓死した。小夜を救えなかった過去を背負い児童福祉司となった「一貫田逸子(いっかんだ いつこ)。

 

市役所の住民課から念願だった児童相談所「あおば野児童相談所」で働くこととなった。次々と突きつけられる児童虐待の厳しすぎる現実に、一貫田逸子は、孤軍奮闘する。

 

ある日、あおば野児童相談所に一人の母親が相談に来る。母子の状態が気になる一貫田逸子は、子供の一時預かりを提案する。ところが、児童相談所の他の職員の反対にあう。

 

その母子を放ってはおけない一貫田は、たびたび母子のもとを訪れていた。しかし、そのことが子供の父親に発覚し、「もう、来るな」と、児童相談所に苦情の電話が入る。

 

母子の状態を案ずる一貫田は、ある行動に出た。

 

>>>児童福祉司 一貫田逸子 を読む

 

【児童福祉司 一貫田逸子 】漫画のあらすじ、口コミを紹介

児童福祉司 一貫田逸子」原作・穂実あゆこさん、作画・さかたのり子さんの作品です。

 

 

児童虐待をテーマに様々な問題に直面していく児童福祉士の漫画です。読んでいくのさえ辛くなり、時には、目をそむけたくなるような重たい内容ですが、作品の魅力に引き付けられます。

 

また、様々な環境に置かれた母親の気持ちに少なからず共感できるところがあるのが大半の母親なのではないでしょうか?

 

こういった事実があるのも本当のことなんですよね。読んでいてとても考えさせられます。

児童福祉司 一貫田逸子」のあらすじ

幼いころの同級生「小夜」は親に虐待され餓死した。小夜を救えなかった過去を背負い児童福祉司となった「一貫田逸子(いっかんだ いつこ)。

一貫田は、市役所の住民課から念願だった児童相談所「あおば野児童相談所」で働くこととなった。

次々と突きつけられる児童虐待の厳しすぎる現実。虐待に苦しむ子供を救いたい。ただその想いを胸に、一貫田逸子は孤軍奮闘する。

 

児童福祉司 一貫田逸子」の口コミ

  • 一貫田さんのような人がいっぱいいたら、児童相談所の見方も変わるのに。 全員助かると思ったらそうじゃない。 リアルでとても苦しくなります。 この漫画をもっと多くの人に知ってもらいたい。
  • 気になっていた作品で、電子コミックサイトに登録するきっかけになりました。重いテーマですが、画力とテンポの良さ、キャラクターの魅力や程よく差し込まれるユーモアでどんどん読み進める作品ですね。
  • 主人公のように型破りな行動は、実際にはとれないとしても、 気持ち的には同じくらい熱い想いがある人達が 児童相談所にはいます。 でも 手が足りない。やれることは限られる・・・。一人でも多くの子供達を救うためにも、法的整備を整えて欲しいです。
  • すごく良かったです。現実にあることだと思うと、とても胸がしめつけられ涙がでてきました。深く考えさせられる作品です。
  • この作品を読んで、子供の頃の自分と今の子育てしている自分を見つめ直しました。 私は、自分がされてきた事は子供にしたくない、愛情いっぱいに育てるんだって、思ってた。なのに、気づいたら同じことをしていた。やめなきゃってわかってるのに、やめられない。助けてほしいのに、助けてって言えない。それでも、なんとかしなきゃだめだって、この作品を読んで思いました。この子を殺してしまう前に・・・。

>>>児童福祉司 一貫田逸子 を読む

【児童福祉司 一貫田逸子 】の漫画はこんな人に読んでもらいたい!

児童虐待という重たいテーマを扱い、非常に人気のある漫画の【児童福祉司 一貫田逸子 】です。

児童福祉司 一貫田逸子 】は、こんな人に読んでもらいたい

  • 子育て中のママさん。
  • 子育て中のパパさん。
  • 身近に子育て中の人がいる人。
  • 児童福祉関連のお仕事をしている人。
  • 幼稚園・保育園・学校などの子供に関係のあるお仕事をしている人。

目をそむけたくなる内容ですが、中には、母親の思いに共感してしまう事もあるのではないでしょうか?虐待って、本当はすごく身近で、誰にでも起こりうることだと思うんです。

 

まず、そのことを理解してほしい。けど、これが一番むずかしい。一番身近な人にさえ、わかってもらえないことが大半です。

 

もちろん、中には、鬼畜としかおもえないような場合もあります。とても共感できることではない場合もあります。

 

そうではない場合は、やっぱり、誰の身に起こっても仕方がないことなんです。いえ、起こってはいけないから、防ぐ必要があるんですが、起きてしまっても仕方がないことなんです。

 

誰か一人を悪者に出来ないと思うんです。

 

それだけ、今の子育てって、孤独で辛いものです。これは、実際に現代の子育てをしていない人にはわかりません。いえ、子育てをしている人でも、理解できない人はいます。

 

わからない人にはわからないんです。わからない人からの言葉がどれほどその人を苦しめるか、それだけでもいいので、わかってほしいです。

 

人は、心に闇を抱えてしまう事だってあります。自分だけは大丈夫。パートナーだけは大丈夫。身近な人だけは、大丈夫。

そんな補償どこにもありませんから。

もっと現実を理解してほしいと思います。

 

その様々な現実を見せてくれるのが【児童福祉司 一貫田逸子 】です。

けして、他人ごととは思わないでほしい漫画です。

 

>>>児童福祉司 一貫田逸子 を読む